Prefecture Road Ibaraki
Driving Report

341  鉾田停車場線Apr 17.2008廃止
鹿島鉄道の終点鉾田駅とr2を結ぶ市街地の2車線道路です。鉾田の中心部は案内が悪いので、方向によっては全然違う県道番号で案内されます。(Sep.2002)
342  上水戸停車場千波公園線
上水戸駅は茨城交通の市内線と郊外線の接続点だった駅で、茨城交通線の廃止後、現在は大型スーパーが建っています。
スーパーの前から広い2車線で市街地を通り、すぐに右折してR118と重複して4車線となり、末広町一丁目で右折し、引き続き4車線で市街地を抜けます。
R50を渡ると起点方向2車線、終点方向1車線となり住宅が増えてきて、その後対面交通となってJR常磐線を陸橋で越えると右手に千波湖が広がり、左手には偕楽園が望めます。陸橋を降りたr50交点が終点です。(Aug.2006)
343  木崎雨引線
大和村のr343から雨引停車場までの路線ですが、雨引停車場は筑波鉄道の廃止に伴ってなくなってしまい、実態としてはr343とr41を結ぶ路線になっています。
全線2車線で田畑と住宅が入り混じる中を進みますが、途中には大和村役場や運動場、農協などがあり、大和村の東西を貫く重要な道路になっています。(Jan.2003)
344  真鍋停車場線
真鍋停車場とは、かつて土浦市内にあった筑波鉄道の真鍋駅のことで、その駅跡とR125を結ぶ250m弱の短い停車場線です。
筑波鉄道は関東鉄道筑波線を分社化したもので、ディーゼル車が細々としたレールの上を走っていましたが、経営難で廃止されてしまいました。その線路跡はr501などに利用されています。(Feb.2002)
351  馬渡水戸線
常陸那珂道路のひたちなかICのすぐ北側にあたるR245との馬渡下宿交差点から始まるr31の旧道が降格してr351になっています。 2車線ありますが道幅は少し狭く、左折して従来からのr351に入ります。
農地や雑木林の中を抜けr63と重複します。重複区間はr38交点付近が賑やかですが、そのほかは農地や雑木林などが続きます。
那珂川手前でr63が右折で分かれると、すぐに那珂川を勝田橋で渡り水戸市郊外の農地と住宅が混在する中を進んでr174交点終点となります。重複区間も含め全線2車線あります。 (Feb.2005)
357  谷和原筑西線
R294の旧道です。水海道・石下・千代川などの市街地を貫くように走ります。
谷和原と水海道の境界付近でR294と分かれた後、水海道市街を通り、石下まではほぼ鬼怒川に沿って進みます。
石下の市街地を通り抜け下妻となりますが、下妻はR125と数百m重複しますが、T字でぶつかりT字で別れるため、どちらから来ても混雑しやすいところです。下妻から下館にかけては長閑な雰囲気が続きます。
交通量はそれほどではありませんが、国道時代は多かったと思われますし、石下駅付近やr24交点など混雑しやすいと思われる個所も散見されます。(May.2001)
358  日立東海線
東海村内の一部区間のみ開通しています。(Mar.2002)

茨城県道一覧にもどる
茨城県道のメインページにもどる

Last modified -