Prefecture Road Ibaraki
Driving Report

302  結城停車場線
JR水戸線結城駅と市街中心部のr17,r35交点を結びます。
有名な結城の蔵は終点付近に多く、また商店も密集していますが、駅近辺はどちらかというと市街地の外れの雰囲気です。(Oct.2002)
303  舟玉川島停車場線
起点は関城のr15交点ですが、すぐに下館に入り、ほぼ直線でR50川島交差点に至ります。ここまでは全線2車線で、住宅が多くあります。
川島交差点から水戸線川島駅までの経路は不明です。(Jan.2003)
304  小川川島停車場線
起点のr204交点付近は田畑の中の改良された2車線で快走できますが、段々と家屋が増えJR水戸線近くは工場になります。
水戸線の踏切を渡ったR50交点が川島交差点で、ここから水戸線川島駅までの経路は不明です。
なお、途中で左に別れて川島駅北側の工場を回り、水戸線を陸橋で越えてR50に至るBPがあります。(Jan.2003)
305  下館停車場線
R50からJR水戸線の下館駅まで直線で結ぶ道路で、アーケードつき商店街があります。ヘキサは建っていません。(May.2001)
306  下館停車場荒線
下館駅から荒町交差点までの下館市内の600mほどの路線で、沿道は商店や住宅が並んだ市街地です。終点付近のみセンターラインがありません。(Dec.2002)
307  岩瀬停車場荒線
JR水戸線岩瀬駅からR50までの500mほどの停車場線で、駅前から暫くは1.5車線で商店や住宅の中を行きますが、途中から歩道や路側帯もきちんと整った整備済みの2車線となります。
但し2車線になった途端に空地が目立ちます。交通量はほとんどありません。(Jan.2003)
308  羽黒停車場線
JR水戸線羽黒駅とR50の間の距離約170mほどの停車場線で、住宅が密集した中を走ります。センターラインはなく少し狭く感じます。(Oct.2002)
309  福原停車場線
かつては笠間市にあるJR水戸線福原駅とr64との間を結ぶ道路で、延長30mと茨城県道の中で最短の県道でしたが、北関東道の開通によるr64の付け替えによりR50交点まで延長され、距離も約1.2qとなりました。 福原駅前からの30mがもともとの県道区間で、右折すると旧r64の区間となり、福原の街中を進みます。R50を地下道で潜ると農村部となり、しばらく進むと終点となります。全線1.5車線で、交通量は少なめです。(Oct.2009)
310  稲田停車場線
笠間市にあるJR水戸線稲田駅とR50を結ぶ、延長200mほどの停車場線です。郵便局や商店、住宅などが何軒か建っています。(Oct.2002)
311  笠間停車場線
笠間市街地にはr1やr42、R355、R50などが走りますが、その中ではもっとも整備されている方の道路だと思います。歩道がたっぷりとってあるし、距離は短いながら、街路樹もあって、小奇麗で走っていても気持ちがいいです。(Jan.2001)
312  古河停車場線
県南西部にあるJR東北線古河駅とr261を結ぶ、2車線の駅前通りで、距離は約300mです。商店舗が並ぶ賑やかな通りです。(Nov.2002)
313  下菅谷停車場線
R349旧道からJR水郡線下菅谷駅までの狭く短い道路です。距離は約50mほどで、沿道は駐車場と少数の商店や住宅があるだけで、交通量もほとんどありません。(Oct.2001)
314  上菅谷停車場線
JR水郡線上菅谷駅とr31の間の150m足らずの停車場線で、センターラインはなく商店が数軒と住宅があるだけです。上菅谷は水郡線の主要駅で常陸太田支線と本線の分岐駅です。(Aug.2003)
315  下宿常陸鴻巣停車場線
r102とJR水郡線常陸鴻巣駅を結ぶ6.4qほどの路線で那珂町内だけを走ります。
起点から暫く行くと那珂西部工業団地が左手にありますが、そのほかは長閑な田園地帯で、R118に達すると右折して1.5qほど重複します。
左折してR118と分かれ田園の間を進み今度はr31と1qほど重複したあと、左折して常陸鴻巣駅となります。
r31から常陸鴻巣駅の間は1.5車線のセンターラインのない道路ですが、ほかは全て2車線あります。平坦でカーブも少なく快走できます。(Dec.2004)
317  瓜連停車場線
JR水郡線瓜連駅前付近は1.5車線ですが、左折して踏切を渡ると2車線になります。R118交点までの距離約800mほどの停車場線で、駅周辺は住宅地、終点付近は畑です。(Feb.2003)
319  玉川村停車場線
JR水郡線玉川村駅とr102の間のわずか48mほどの短さです。駅周辺には集落が広がっていて、沿道には民家や商店があります。(Oct.2002)
320  下小川停車場線
山方町にあるJR水郡線下小川駅は集落の外れにあって、駅近くには数件の民家がかたまってあるだけです。その中を抜けJR水郡線の踏切を渡り、さらにその先で久慈川を下小川橋で渡ります。
久慈川を渡り終えると山林の中の薄暗い道となり、坂を上るとR118交点終点となります。全線1.5車線で、交通量はほとんどありません。(Oct.2004)

Page16へ
茨城県道一覧にもどる
茨城県道のメインページにもどる

Last modified -