Prefecture Road Ibaraki
Driving Report

162  岩井関宿野田線
千葉県とのまたがり県道で、岩井市のr215交点から利根川に近い農村部を2車線で走り、県境の利根川に架かる下総利根大橋までの区間が開通しています。下総利根大橋は有料です。(Sep.2001)
165  山方常陸大宮線
起点は山方町南部のR118交点で、暫くは田園地帯の中を2車線で進みます。やがて車線幅が狭くなり1〜1.5車線程度になると同時に久慈川沿いの山道となります。
見通しの悪いカーブが多く、上り勾配が続きサミットを越えると常陸大宮に入ります。 常陸大宮に入っても暫く狭い道が続きますが、あたりが開け右側に辰ノ口親水公園が見えてくると2車線に広がり、その後は終点のR293交点まで長閑な風景の中を行く平坦な2車線道路となります。(Oct.2004)
167  富岡玉造常陸太田線
常陸大宮のR293交点が起点で、起点から少しの間だけr165と重複区間があります。r165から右折で別れ平坦な農村地帯を2車線で進みます。旧金砂郷町に入ると林が多くなり、暫く走ると車線も1.5車線になります。
1.5車のままr62重複区間に入り、1.5車線と2車線を繰り返しながら旧金砂郷町の中心部を抜けます。r62と別れると主に林の中を進んでR293現道交点が終点となります。(Oct.2004)
168  静常陸大宮線
瓜連のr61交点が起点で、起点からJR水郡線静駅付近までは1〜1.5車線幅で、住宅も多く見通しよくありません。その先は終点の常陸大宮市(旧大宮町)r318交点まで2車線で、畑や雑木林の中を行きます。
大宮ではR118とごく短区間の重複し、その後左折して常陸大宮市街地で終点になりますが、R118重複区間以降は交通量が多くなります。
一方起点〜R118までは交通量はほとんどありません。(Feb.2003)
169  菅谷小原内水戸線
JR水郡線中菅谷駅近くのr31交点から始まり、暫くは市街地を走りますが、この区間はR349の旧道です。
右折してJR水郡線の踏切を渡ると長閑な農村風景の中を進みます。平坦ですがカーブが多く、一部にセンターラインのない区間があるものの交通量は多くなく快適に走れます。
水戸市に入りr63に突き当たると右折して終点のR123交点までr63と重複します。(Dec.2004)
170  我孫子利根線
千葉県我孫子市のR6と我孫子市西部のr4の間を利根川の堤防に沿って走る道路です。
茨城県内区間は、利根川の南に飛び地のようにある、取手市小堀地区の1.5Kmです。この区間は利根川の流路の改修によって、現在では利根川の南に残ってしまったところですが、茨城県のヘキサがしっかりと建って、茨城県であることを堂々と主張しています。(Dec.2001)
171  石川袴塚線
起点は水戸市R50交点、終点は同じくR118交点、距離は1.5km、全線2車線で交通量の多い道路です。全線に渡り市街地が続きますが、起点付近は特に賑やかです。(Aug.2006)
172  額田南郷田彦線
起点は那珂町のR349交点で、r31BPまでは交通量が少ない2車線の快走路です。r31BPと終点のR6の間は1.5車線になりますが、交通量がそこそこあり走りにくい区間です。
沿道はそれなりに住宅は建っているものの街らしいところはほとんどなく、基本的には農村地帯です。(Feb.2003)
173  大洗公園線
大洗の海岸沿いを走る2.5Kmほどの県道で、沿道にはホテルや旅館、ゴルフ場、水族館などがあります。太平洋に沿って走る気持ちのいい道路です。(Dec.2001)
174  小泉水戸線
水戸市内だけを走る県道で、那珂川に沿ってR245とR51を結び距離は約8qあります。
R245の那珂川にかかる湊大橋の南側が起点で、起点から大洗鹿島線の東水戸駅に近いあたりまでは1.5車線で、左側には畑や雑木林が広がり右側には那珂川が流れています。
そこから先は2車線となってr351交点付近から市街地が広がります。市街地を少し走るとR6の陸橋の下を潜り、R6〜終点のR51までは距離は短いものの4車線となっています。(Oct.2004)
175  塩崎茨城線
起点は水戸市塩ヶ崎のR51交点、終点は茨城町長岡のr50交点ですが大半の区間はr40との重複区間で、r40がR6の少し手前で左にそれる長岡十字路から終点までの短い区間がr175の区間です。
長岡十字路からR6交点まではr180との重複区間で1.5車線の田舎道、R6を渡るとr175の単独区間で2車線市街地ですが、すぐに終点となってしまいます。(Aug.2006)
176  中根平磯磯崎線
起点からr351〜r108と重複し、十三奉行交差点の先でr108から左にそれて単独区間に入ります。
1.5車線の道幅で農地が多い中を暫く進み、やがて住宅地となり茨城交通の踏切を渡ります。 この付近が平磯で住宅が密集しています。急坂を下り左折して2車線で市街地を進むとr6とぶつかります。(Feb.2005)
177  赤塚馬口労線
水戸市内のJR常磐線赤塚駅近くのr59交点から始まり、すぐに赤塚駅南口前を通り、その先で右折して常磐線の踏切を渡り、すぐに左折します。
常磐線の線路に並行する住宅地の中を1.5車線で走り、常磐大付近から2車線となり、その先で常磐線を陸橋で越えます。
坂道を上りR50を越えると市街地となりますが、住宅が多く静かな雰囲気です。水戸女子高校の先で右左折して終点のR118となりますが、終点手前の短区間は終点方向からの一方通行です。(Aug.2006)
178  常磐公園線
偕楽園のある一帯を常磐町といい、偕楽園の正門である御成門前が起点となります。終点は市街地のr30交点ですが、全線終点方向からの一方通行で、閑静な住宅街を走ります。偕楽園御成門通りの愛称があり距離は300mほどです。(Aug.2006)
179  中石崎水戸線
涸沼の北側でr106から分岐して始まります。1.5車線で田園地帯を走り、やがてr40交点となります。
r40交点から東水戸道路との交差部までは2車線で、東水戸道路から先は1.5車線以下とひじょうに狭くなり田園地帯を行きますが、段々と住宅が増え、道幅も2車線に戻り、最後は市街地となってR51交点終点となります。(Oct.2005)
180  長岡水戸線
起点は茨城町長岡のR6交点でr175と短い重複の後に左折して、その先からはR6と重複します。北関東道を潜った少し先で左に入り、2車線で水戸の市街地を走ります。終点は水戸市街のR51交点柳町1丁目交差点です。交通規制の関係で起点方向からのトレースはできません。(Aug.2006)

Page9へ
茨城県道一覧にもどる
茨城県道のメインページにもどる

Last modified -