Prefecture Road Hyogo
Driving Report

3  豊岡瀬戸線
豊岡市街地の円山川沿いのR426交点が起点で、終点は豊岡市瀬戸(旧城崎町)のr11交点です。距離は約12.5km、全線が円山川に沿うことから円山川リバーサイドラインの愛称があり、2006年3月までは豊岡港線といわれていました。
最初は円山川の築堤上を進み、奈佐川の合流部で奈佐川を渡ったあとは、水量豊かな円山川を右に、JR山陰線を左に見ながら進みます。
やがて城崎温泉駅の裏を通りますが、そこには旅館が並んでいて、その先が終点のr11交点となります。全線2車線あります。(Aug.2009)
4  香住村岡線
香住の起点はR178交点で、以前のr11交点から始まる香住市街地の区間は指定解除されました。起点から暫くはカーブが比較的多い住宅地の中を進む道路で、矢田川を渡ると長閑な田舎びた雰囲気の中を進むようになります。
以後は矢田川に沿って走り、山間部となっていきます。一部センターラインのない1.5車線区間が残りますが、改良工事が進んでいます。あゆの里矢田川という道の駅もあります。
終点間近の川会の集落内で右折して矢田川を渡り、すぐに左折して川の左岸を進み、R9交点に至り終点となります。延長は約22.5qありますが、大半の区間で快走できます。(Sep.2013)
11  香美久美浜線
起点は旧香住町のR178交点で、かつては市街地の旧道とトンネル経由のBPの両方が指定されていましたが、現在ではBPのみが県道指定されています。BP区間は新しいこともあって快適で、矢谷と月岡の両トンネルでほぼ一直線に香住郊外を進みます。
旧道と合流し円山川河口の津居山まで日本海に沿って進みます。海岸沿いの集落や町の間は断崖が海に突き出しており、集落や町を抜けると急こう配急カーブで断崖を上下して次の集落や町に入るという繰り返しです。
竹野のように比較的大きな町や柴山のようにカニの店が並ぶ町、相谷のようにひなびた集落などさまざまですが、いずれも漁港でもあり海水浴場でもあります。やがて日和山の温泉街を抜けると急坂を下り、津居山の市街となります。
右折してr3と重複し、その後左折して円山川を渡ります。その後は田畑の中を長閑に走る2車線路が続き、r9交点から先は山間部となって京都府との境の三原峠になります。この先京都府に入り、R312交点が終点です。(Sep.2013)
19  加古川高砂線
加古川市のR2交点が起点で、終点は高砂市のr718交点です。距離は約2.6kmと比較的短く、一部を除いて4車線となっています。
ほとんどが直線区間で、沿道はマンションやロードサイド店が多いですが、田畑も所々残っています。R250交点はR250側が立体化され、山陽電鉄も陸橋で越えます。交通量は多めです。(Aug.2010)
21  神戸明石線
神戸市中央区のJR三ノ宮駅近くのR2交点が起点で、神戸の中心地三宮の街中を4車線で進みます。すぐ右手にJRの高架が続き、左手は商業ビルが並びます。
元町駅前からは4車線で起点方向からの一方通行になり、逆方向はJRの線路の北側を市道で進むことになります。元町6の交差点から対面交通に戻り、R28と重複します。重複区間は4〜6車線あります。
長田交差点でR28が左折し、単独に戻り市街地を進みます。戸政町4交差点で右折し、2車線になって天井川と第二神明道路に沿って進み、山陽電鉄の踏切を渡ります。その先で左折し、須磨浦公園の山林の中を行き、須磨寺、鉄拐山の2つのトンネルを抜けます。
その先はロードサイド店が並び、第二神明道路を潜り、その北側を進んで名谷ICから大蔵谷ICまでは第二神名道路と重複します。大蔵谷ICから先は市街地の2車線道路で、ロードサイド店が多く並びます。、終点は西明石駅近くのR2交点です。(Aug.2010)
30  新神戸停車場線
新幹線と地下鉄が入る新神戸駅から神戸の中心地三ノ宮駅を経てR2までの、神戸の中心街の主要幹線道路で、フラワーロードの愛称があります。
新神戸駅〜三ノ宮駅までは3車線で、市街地の下り勾配が続き阪急三宮駅前となります。すぐにJR三ノ宮駅下のガードを潜り、2〜4車線となって市役所やデパートの中を進みますが、右左折専用車線が短い間に入り、車線は複雑です。神戸の大幹線道路でバスやタクシーも多く、交通が錯綜します。(Aug.2010)
32  砂越御崎加里屋線
赤穂市のR250砂越橋近くが起点で、山里の雰囲気が残る中を進むと、すぐに砂越トンネルに入ります。トンネルを抜けると砂越湾でそこを右折します。1.5車線となり左手に砂越湾を望みながら進みますが、平坦ではなくアップダウンやカーブが続きます。
やがて2車線に戻りホテルや旅館の中を走ることになります。海水浴場もある観光地です。その後は再び海沿いのアップダウンとカーブの連続する区間となり、道幅も1.5車線と2車線が混在します。
やがて平坦な区間になると4車線の直線路となり、赤穂海浜大橋で千種川を渡ると右折し、市街地を2車線で走ります。市街地で左折、次いで右折するとJR播州赤穂駅でR250とぶつかり終点となります。(Aug.2010)
47  浜坂井土線
合併で新温泉町となった旧浜坂町のR178交点が起点で、この付近は市街地の外れでロードサイド店が並んでいます。栃谷トンネルを抜けると田舎びた景色が続き、湯村温泉近くの住宅地を少し走ると終点のR9交点です。距離は約7.3qで、全線2車線あり快走できますが、交通量はそこそこあります。(Sep.2013)
50  但馬空港線
豊岡市にある地方空港の但馬空港からR312までの約3.9kmほどの主要道です。空港を出るとループがあり、ループし終わった地点に但馬空港トンネルがあります。
そのさきは山林地帯で、起点方向からの一方的な下り坂が続き、平坦になると田園地帯となります。右折してJR山陰線の踏切を渡ると、今度は左折して少し走り終点となります。(Aug.2009)
54  西脇停車場線
起点の西脇駅はJR鍛冶屋線の駅でしたが、鍛冶屋線は廃止され駅もなくなりました。駅跡はバスターミナルになっており、そこからR472交点まで西脇の中心部を2車線で走ります。(Aug.2009)
56  但東夜久野線
京都府とのまたがり県道で、起点は旧但東町のR426交点です。全線が山林の中といってよく、起点から暫くはまだ民家もありますが、上り坂がきつくなり始めると周囲は山林で、センターラインもなくなり、府県境の天谷峠となります。峠の府県境部分は改良され2車線になっており、京都府内は全線2車線確保されています。(Sep.2013)
57  尼崎港線
起点の尼崎港は阪神高速湾岸線の尼崎東海岸ICのところです。すぐに左折して工場地帯を進みますが、途中の東高洲橋は跳開橋で、遮断機と警報機が設置されています。R43交点で右折して信号一区間だけ重複し、左折して庄下川の堤防に沿って進みます。川の反対側は市街地が続き、阪神電鉄のガードを潜り、R2交点が終点です。(Aug.2010)
58  西宮停車場線
JR西宮駅とR2を結ぶ延長わずか41mしかない、駅ロータリーの延長のような道路です。駅に用事がないと入らないため、交通のほとんどはタクシーかバスとなっています。R2越しに見るとこんな感じです。(Aug.2009)

Page2へ
兵庫県道一覧にもどる
兵庫県道のメインページにもどる
Last modified -