Prefecture Road Gunma
Driving Report

361  矢島大泉線
起点の明和町のR122矢島交差点から邑楽町のR354交点までは、2車線で梨園や畑が多い中を進み、交通量も多くなく快走できます。
邑楽町でR354と重複した後、再び単独区間になり大泉のr38交点が終点です。後半の区間は2車線で田畑が多い中を進みますが、大泉町に入ると市街化されていて交通量も多くなります。(Sep.2003)
362  山王赤生田線
館林市の東部を南北に縦断する県道で、館林市内のみを走ります。
渡良瀬川近くのr57交点から始まり、r373交点付近までは2車線区間がほとんどですが、所々センターラインがない区間もあります。その先は2車線あり地形的にも平坦で、全体的に交通量も少なく快適に走行できます。沿道はほとんどが田園地帯です。(Sep.2003)
364  除川板倉線
板倉町北部のr57と町役場近くのR354を結ぶ2車線の道路で、館林市の外れをごく短区間走るほかは全線が板倉町内を走ります。沿道は町役場付近は家が建て込んでいますが、その他は農村地帯で、交通量も少なく快走できます。(Nov.2002)
365  板倉籾谷館林線
板倉町の起点はr367交点で、そこから1車線の狭い道路として始まり、東武線の踏切を渡ってr373交点となります。r373と少しの間重複した後は、快適な2車線の新道となり田園地帯を快走できます。 館林に入りr362交点を過ぎると右手にはつつじヶ岡公園の城沼が見え、左側は住宅地となります。(Dec.2004)
366  江口館林線
明和町江口の起点は利根川の堤防の下で、少しの間は1.5車線で田園地帯を走り、r369交点からは2車線で同じく田園地帯を進みます。 館林に入り終点間近の堀江町交差点からは市街地を走る2車線になります。(Dec.2004)
367  除川板倉線
全線が板倉町内を走り、途中1.5KmほどのR354との重複区間があります。
起点のr9〜R354までは東洋大学付近は整備改良済みでニュータウンとなっています。そのほかの区間は平凡な2車線道路です。
R354〜終点r369は住宅の中の狭い2車線〜田園の中の2車線道路で、交通量はほとんどありません。(Nov.2002)
368  上中森川俣停車場線
R20・R38との交点上中森交差点から邑楽用水に沿って走り、川俣交差点を左折してR122に入って暫く重複します。次に大佐貫交差点で右折してR122から別れ東武線川俣駅まで走ります。全区間2車線で重複区間を除き交通量は少なく快走できます。(Jan.2003)
369  麦倉川俣停車場線
埼玉県とのまたがり県道で、埼玉県内にはセンターラインのない区間もありますが、群馬県内は全区間2車線あります。交通量が少なく、果樹園や田畑が多い中を走る長閑な道路です。(Jan.2003)
370  館林停車場線
r2と東武線館林駅の間の県道です。館林はこの付近屈指の町で、駅前通となるこの県道も賑やかです。(Jan.2002)
373  海老瀬館林線
板倉のr367と館林のr7の間を結ぶ全線2車線の道路です。
起点付近のごく短区間は整備済みで新しい住宅が建ち並んでいますが、その他は田園の中を走ります。交通量は少なく快適走行ができます。(Jan.2003)

群馬県道一覧にもどる
群馬県道のメインページにもどる
Last modified -