Prefecture Road Chiba
Driving Report

261  松戸柏線
中間部がR6と重複していて、単独区間は松戸r5交点から北松戸駅付近の区間と松戸市根木内交差点から柏r51交点までの区間に分かれています。
どちらもはるか昔のR6で、その為沿道は家屋がびっしりと並んでいて、その中を2車線で進みますが、生活観が溢れており人も車も多く、路線バスも走っています。(Oct.2002)
262  幕張八千代線
幕張からr57と重複して走りr69交点付近から単独になり、八千代のR296に至る県道です。八千代台駅入口〜八千代台北は1.5車線の狭い住宅街の道で、7〜19時は幕張方向への一方通行です。
その他の区間は重複区間も含め2車線の市街地道路です。(Apr.2003)
263  八千代宗像線
起点の八千代r4交点を離れるに従い貧弱になる道路です。
八千代市内はニュータウンもあり、さらに開発が行われ、この道路も整備されています。印旛村に入ると普通の2車線になり、さらにセンターラインがなくなってしまいます。印旛村r64交点が終点です。(Apr.2003)
264  高塚新田市川線
全線2車線の住宅街の路線です。信号機多数、バスあり、踏切あり、右折車あり、歩行者も自転車も車も多く3.5q走るのにかなりの時間を要します。(Apr.2003)
265  小見川海上線
小見川町内はかなり改良され2車線区間がほとんどですが、一部の未改良区間はかなり狭い1.5車線です。r266と重複しますが重複区間はカーブと起伏が続く2車線です。
r266重複が終わると平坦な中の畑と集落の中を行きますが、r266重複後の東庄町内はほとんどが1.5車線で、海上町内は2車線あります。(Dec.2002)
266  旭笹川線
11kmほどの比較的長い路線です。
旭市内は平坦で直線区間が長い2車線ですが、歩道や路側帯がないため狭く感じます。干潟でr265と重複しますが重複区間は カーブと起伏が多く、r265を左に分けてもその状態は続きます。
平坦になると住宅 が増えJR成田線を渡り、その先のR356交点が終点です。全線2車線で旭市内は交通量がそこそこありますが、他はそれほどではありません。(Dec.2002)
267  下総橘停車場東城線
JR下総橘駅から短い駅前通りなり、右折して一旦R356と重複し、すぐに右折しJR線を渡ります。
住宅と田園と山林の繰り返しで、カーブと起伏も多くあります。終点の手前ではr265と重複しますが、この区間を除けば2車線あります。(Dec.2002)
268  北柏停車場線
JR常磐線北柏駅前から直進し、信号を右折してR6に至る停車場線で、R6は陸橋になっています。距離は約500mほどあり、全線4車線で駅前から暫くは中央分離帯もあります。(Nov.2002)
270  木更津袖ヶ浦線
R16の袖ヶ浦木更津BPができたために、県道に格下げされた道路です。もと国道だからかもしれませんが、直線区間が多く、走りやすい道ですが、沿道は古くからの市街地になっていて交通量は多めです。
途中のJR久留里線の踏切は房総国道踏切となっています。(Feb.2001)
271  館山停車場線
JR線館山駅とr302を結ぶ、わずか65mの停車場線です。駅前広場から出ている、土産物店などが並ぶ駅前通りが館山停車場線です。(Apr.2003)
275  求名停車場線
JR東金線求名駅とr124を結ぶ200mほどのセンターラインのない道路です。求名駅前は数軒の住宅があるだけの淋しい駅で、この道路の交通量もほとんどありません。(Apr.2003)
276  西浦安停車場線
西浦安停車場というのは舞浜駅のことです。浦安市美浜のR357を起点に、新浦安駅までは6車線、新浦安駅〜舞浜駅は4車線あります。
終点近くにはディズニーランドがあって、リゾートの雰囲気ですし、R357〜新浦安駅もいい感じです。また新浦安駅のところはホテルや総合病院があり、、千葉らしくない道路になっています。(Apr.2001)
277  神門八街線
佐倉のR51と八街のr22を結ぶ7qほどの道路です。
佐倉市内はカーブが多く見通しの悪い区間が続きますが、八街市内はこの付近にしては珍しく直線区間が続きます。全線2車線あり、終点付近にロードサイト店が集中するため混雑するほかは、よく流れています。(Nov.2002)
278  柏流山線
R6の柏市内の渋滞ポイントの一つ旭町交差点から柏と流山の住宅街を通って、流山のr5交点までの約6.3Kmの道路です。
全線2車線ですが、交通量が多く信号や踏切もあって混雑が酷く、特に柏側では常時渋滞気味です。(Oct.2002)
279  豊四季停車場高田原線
東武野田線豊四季駅から真っ直ぐにr47まで進みます。そこからr47重複でR16までの2車線の路線で、全線にわたり住宅やマンション、商店の間を行きます。(Jan.2002)

Page15へ
千葉県道一覧にもどる
千葉県道のメインページにもどる
Last modified -