Prefecture Road Chiba
Driving Report

141  五井町田線
起点のr140からR297まではr21BPの開通などにより一部経路が不明ですが、住宅地に畑が混じる中を行く1.5車線路、R297から終点のr139交点までは畑の中に住宅が混じる1.5車線路です。(Mar.2004)
142  岩井野田線
茨城県岩井との間の県道ですが、県境の利根川には橋が架かっておらず、未開通です。
千葉県内は農村地帯の中をセンターラインもなく進む区間がほとんどです。利根川の堤防に突き当たって唐突に終わります。(Jan.2002)
143  南総昭和線
小湊鉄道馬立駅に近いR297交点が起点で、暫くはr144と重複して馬立駅付近の住宅の中を1.5車線で進みます。小湊鉄道の踏切を渡ると田園の中の1.5車線となりr144と分かれ単独になります。
単独区間に入ると2車線となり雑木林や畑の中を走ります。ゴルフ場の真ん中を行く区間もあります。r145交点付近から住宅が増えてきて市街地となりますが、同時にセンターラインが消え道幅が少し狭くなります。住宅は徐々に増えてきて、終点のR16交点付近は住宅が密集しています。(Mar.2004)
144  南総姉崎線
小湊鉄道馬立駅に近いR297交点が起点で、暫くはr143と重複して馬立駅付近の住宅の中を1.5車線で進みます。小湊鉄道の踏切を渡ると田園の中の1.5車線となりr143と分かれ単独になります。
単独区間に入っても暫くは1.5車線の田舎道ですが、その先で光風台の比較的新しい戸建て住宅団地の中を進みます。同時に光風台から先は2車線となり、光風台団地を抜けるとゴルフ場の多い中を走ったあと館山道を潜り、住宅が再び増えてくると終点のr24交点です。(Mar.2004)
145  長浦上総線
JR内房線の長浦駅のすぐ近くでr287から分かれます。暫くは住宅街の中の1.5車線で、カーブも多く見通しも良くありません。
その後2車線となり畑の中を進み、ゴルフ場の現れます。田園地帯を進んで館山道を潜り辺りから1.5車線となり、住宅が密集するようになります。
その中で左折してr143と重複し、重複区間が終わると畑の中を行く快走2車線路となります。しかしすぐに快走区間は終わってしまい、JR久留里線の踏切を渡るとR409と重複して横田の集落の中を走ります。
R409との重複区間は短く、右折して分かれると小櫃川を渡り、すぐに左折し、その後は2車線と1.5車線が入り混じる農村部を走ります。
ごく一部には改修された快走区間も存在しますし、r23との重複区間もあります。やがて住宅が増えてくると久留里の市街となり、JR久留里線の踏切を渡った先のR410との交点が終点です。(Jun.2010)
146  木更津根形線
起点はJR久留里線上総清川駅に近いR409交点がすぐに小櫃川を渡り、少し行くと東京湾アクアライン連絡道を潜ります。起点からここまでは2車線ですが、ここからは1.5車線となります。
終点付近はかんり狭くなりますが、そのほかは1.5車線とはいえ比較的広めです。沿道は住宅もありますが、ほとんどは農地が広がります。(Mar.2004)
147  長柄大多喜線
起点は長柄町のr14交点で、ダム湖の市津湖の近くになります。r13交点までは雑木林や山林の中を進み、一時的にセンターラインがなくなる区間はありますが、原則的に2車線です。
平坦な田園地帯となるとr13交点で、左折して約2kmほど重複し、右折して分かれます。ここからR409交点までは2車線で田園や雑木林が続きます。
R409交点で右折して今度は約1kmほどR409と重複します。左折してR409と分かれると長南町の中心部を抜けます。その後は田園地帯となり、r148交点を過ぎるとゴルフ場が多くなり、その後山林の中を抜けるとr27交点で、r27と重複して終点の大多喜に向います。(Mar.2008)
148  南総一宮線
市原市南東部のR297から外房海岸に近い一宮町R128までの約17.6qの県道です。
R297から入ると最初は2車線ありますが、すぐに雑木林に囲まれた1.5車線路となります。先入車優先の1車線のトンネルを潜り長南町に入ります。
水沼の集落の中を抜けますが、集落内は1車線です。水沼の集落を抜けると、その後は終点まで基本的に2車線区間です。上下で渡る橋が別々なところもあるなど、拡幅をした後がよくわかるところもあります。
r147交点〜r85交点までは畑の中の直線区間も多く、地形も平坦で交通量も少なく快走できます。r85と重複して睦沢町の中心部を抜け、一宮に入ります。
一宮は最初は郊外で、終点が近づくに従い住宅地から市街地となりますが、終点付近に起点方向への一方通行区間があります。(Jan.2004)
149  八日市場府馬線
単独区間は干潟町のr56交点と山田町のr28交点の間の約3.8qです。全線2車線で、田園地帯を走る交通量が少ない走りやすい道路です。 (Jan.2003)
150  大多喜一宮線
大多喜市街地北郊のR297交点が起点で、農村地帯を走った後、ゴルフ場が密集した地帯を抜けて行きます。徐々に上り坂となって睦沢に入りますが、周辺には依然としてゴルフ場が多くあります。
やがて山林や田園ばかりとなりますが、暫くすると道の駅があり、その先で睦沢の中心部を抜けます。睦沢中心部でr148と合流し、あとはr148と重複して一宮に向います。(Mar.2008)
151  夷隅瑞沢線
いすみ市のいすみ鉄道上総中川駅近くのR465交点が起点で、すぐにいすみ鉄道の踏切を渡り、田園や雑木林の中を2車線で進みます。行元寺のところのr153交点で左折し、ここからは1.5車線になります。
やがて周囲は山林となり、短いトンネルを抜けると睦沢に入り、山林の間を抜ける行くと再び田園地帯となります。田園の中のr150交点が終点です。距離は7.9kmで交通量は少な目です。(Mar.2008)
152  一宮椎木長者線
一宮町東浪見でR128から分かれて始まります。1.5車線と2車線が混在する農村部を進み、旧岬町に入ると椎木の商店街となります。
JR太東駅の近くで、道路を跨ぐ商店街名の入ったアーチも架かりますが、少し淋しい商店街です。ここから終点までは2車線で、椎木の街中を抜けたあとは、田園地帯でJR外房線の高架を潜り、少し走ると旧岬町の中心部となります。その先のR128江場土交差点が終点です。(Jun.2010)
153  夷隅太東線
いすみ市となった旧夷隅町のr151交点が起点で、起点には行元寺という大きな寺院があります。2車線で田園地帯を快走したあと、右折してr85と重複します。約1.8kmほど重複したのち左折して分れ、暫くは田園地帯を2車線で進みます。
その後センターラインがなくなり道幅も狭くなりますが、再び2車線に戻り旧岬町(現いすみ市)椎木の市街地でr152とぶつかり終点となります。(Mar.2008)
154  夷隅長者線
いすみ市となった旧夷隅町のR465交点が起点で、最初のうちは農村部を2車線で進みますが、やがてセンターラインが消えてしまいます。しかし車線幅は広く、交通量も少ないので走行には問題ありません。
再びセンターラインが現れ、嘉谷トンネルを抜けると旧岬町に入ります。山林や田園の中を進み、右折すると平坦な田園地帯の2車線路が続きます。
暫くすると住宅が増えて来て長者の街中となり、JR外房線の踏切を渡った長者市街地のr152交点が終点となります。(Jun.2010)
155  四街道上志津線
四街道はr64から真っ直ぐ伸びる形で駅前通りになっていて、大型スーパーなどもあり賑わっています。
中間部は郊外から田園地帯となり、さらに山林となりますが再び郊外と変化します。やがて住宅が建てこんでくると交通量も増え、R296にぶつかり終わります。
終点のすぐ手前に京成線の踏切があり、この踏切とR296交点の信号のために渋滞します。(Dec.2002)
156  船橋埠頭線
船橋のR14から、船橋港までの1.5Kmほどの県道です。R14からR357間は市街地の普通の道路ですが、R357から埠頭までは大型車中心の埃っぽい道路です。(Oct.2001)
157  大貫青堀線
JR内房線大貫駅近くのR465と青堀駅近くのR16を結ぶ4.3qほどの県道です。全線2車線で起点付近は住宅地ですが、すぐに畑が増えてr158交点付近まで田園地帯が続きます。
r158交点から終点までは再び住宅地となります。途中の君津市役所付近は改修され異様に立派です。(Mar.2004)
158  君津青堀線
起点のR16君津市外箕輪交差点からr225交点までは4車線の交通量の多い市街地道路です。
r255交点で左折し2車線となって小糸川を渡りr159交点付近まで住宅地が続きます。その後は畑が増えて富津に入ると1.5車線路となります。住宅が再び増えると終点のR16交点となります。富津市内は全線1.5車線です。(Mar.2004)
159  君津大貫線
君津のR16から始まり暫くは4車線で君津市街を進みます。君津駅付近に例外的に2車線区間があります。君津駅を過ぎると左折し、同時に2車線の市街地道路となってJR内房線の踏切を越えます。
r158と重複して再び単独区間に入ると田畑と雑木林の世界となり1.2〜1.5車線となります。富津に入っても状況は変わらず1.5車線程度の道幅で、大貫駅付近でR465と交わり終点となります。(Mar.2004)
160  加茂木更津線
市原の内陸部にある高滝湖の南のr81交点が起点です。山あいの集落の間を抜けると山間部となり、センターラインもなくなりますが、すれ違いは余裕で出来る道幅は確保されています。
木更津に入ると2車線になって、民家も増えて少し生活感が出てきます。終点付近では現道とBPがあって、現道はJR久留里線小櫃駅近くの古くからの住宅地を抜ける2車線路でR410に突き当たります。
BPも2車線ですが、こちらはよく整備され、久留里線を金のかかった立体交差で潜り、R410BPに突き当たります。(Nov.2003)

Page9へ
千葉県道一覧にもどる
千葉県道のメインページにもどる
Last modified -