Prefecture Road Chiba
Driving Report

81  市原天津小湊線
市原市牛久のR409交点が起点で、しばらくは2車線で養老川や小湊鉄道とともに房総半島を南下します。沿道は畑や雑木林が目立ちますが民家もそこそこあります。
養老側を堰き止めたダム湖の高滝湖をすぎると一時センターラインがなくなりますが、まだすれ違いは問題なくできます。r32と重複後は、立派なトンネルが連続する改良済み2車線区間になりR465にぶつかります。約5KmほどR465と重複ますが、この間のR465は1.5車線区間や狭いトンネルがあります。
君津に入りR465とわかれ、再び南に向かいます。2車線区間は最初だけで、いきなり1車線区間になります。この1車線区間は、すれ違い不能の区間も多く、申し訳程度の待避所があります。
やがて、王将型の札郷トンネルが現れます。トンネルを越えると心持ち道幅が広くなり、山林の中の雰囲気に変わります。
四方木峠をトンネルで越えて、2車線区間が多くなります。きついヘアピンカーブがあったりしたあと、R128BPの下を潜ると天津の街中で、海岸沿いのR128現道との交点が終点になります。 (Dec. 2001)
82  天津小湊夷隅線
起点はR128交点で、かつては狭隘路で市街地を進みましたが、現在は短いBPができていて、2車線でJR外房線を越えてすぐに右折します。
右折後は旧来からの道路で、1.5車線で山林の中の急坂を上ります。勝浦に入って平坦になり、田畑も見られるようになります。
r177交点を過ぎると2車線となりますが、中島や荒川の集落のほかは農村風景が続きます。松野交差点でR297とぶつかり暫く重複します。
佐野交差点で右折してR297と分かれ、その後終点のR465交点まで大部分が山間部の2車線で、終点付近のみ民家があって少し開けています。(Mar.2008)
83  山田台大網白里線
山田台は八街市南部の地名で、R126交点が起点です。
起点から入るとすぐに千葉東金道路の山田ICがあり、その後は季美の森GCや住宅開発地を整備された2車線で抜けます。次に雑木林や畑が続く何もない中を走り、JR大網駅前を通りますが、この付近は路面も余りよくなく貧弱です。
大網市街をr20との重複で抜けて、R128を越えて単独区間に戻ります。R128〜終点までは畑ばかりですが、終点付近は住宅が建ち並んでいます。
九十九里浜の白里海岸近くのr30交点が終点で、全線2車線あります。(Oct.2003)
84  茂原長生線
茂原の起点はR128高師交差点で、起点付近はロードサイド店が両側に建ち並び、交通量も非常に多く混雑しています。
JR外房線の高架を潜って暫くは市街地を走り、徐々に郊外の雰囲気に変わっていきます。長生村に入ると田畑と住宅が混在し、交通量も減りますが、終点付近は九十九里浜が近く、海近くらしい雰囲気が漂います。全線2車線です。(May.2009)
85  茂原夷隅線
茂原の起点は茂原市街地ですが、暫くはR128と重複していて、単独となるのは郊外の七井土交差点からです。R128交点付近はロードサイド店が多く建ちますが、すぐに田園地帯となります。
その後は睦沢町上市場付近で集落の住宅密集地を抜けるほかは、田畑と雑木林の単調な風景の中を進みます。いすみ市となった旧夷隅町に入って暫く進むと、旧夷隅町の中心部となり、その中のR465交点が終点です。(Mar.2008)
86  館山白浜線
館山市街地と南房総白浜を結ぶ10kmほどの主要道で、同区間を走るR410よりショートカットしています。起点は館山市街地の汐留橋交差点で、市街地を右左折して暫く行くと田園地帯となります。
その後は山林の中を進むようになり、中山トンネルを抜けます、その後も山林が多く、その間に田畑が点在しています。
南房総市との境界も短いトンネルで抜けて、その先は下り坂となり、やがて家屋が増え始めると右左折があってR410交点終点となります。終点付近は白浜の観光地となっています。(Mar.2008)
87  袖ヶ浦中島木更津線
袖ヶ浦R16、r287交点が起点で、ここはR16が陸橋で上を越えr87はr287と直進します。
r287〜r87はR16のBPができる前の旧R16で、起点から暫くは住宅が並ぶ旧国道の区間を進みます。小櫃川の手前で旧国道の区間はr270に譲って右折し、JR内房線のガードを潜ると田園地帯となりセンターラインがなくなります。
やがて木更津市中島地区に入ると1.5車線となって住宅街を抜けます。アクア連絡道付近のみ改修され立派ですが、そこを過ぎると再び1.5車線となって、古くからの住宅地を走ります。
自衛隊が海側に見えてくると2車線となり、木更津の市街地を走りr90にぶつかり終点となります。(Nov.2003)
89  鴨川富山線
起点の鴨川では、r247から分岐し、すぐにR128と交差します。最初のうちこそ2車線ありますが、すぐにセンターラインが消え、道幅も狭くなります。ここからR410交点までは狭い区間と2車線の整備が済んだ区間が交互に現れます。
R410と少し重複して、また別れます。R410との2つの交点はともに信号はありません。R410分岐から富山まではセンターラインのない区間もありますが、鴨川側のように狭くはなく、すれ違いも容易です。富山のR126交点の手前で富津館山道路(館山道の開通済区間)のICがあります。
全線に渡って信号がごく少なく、狭いことさえ気にしなければ、使える道です。交通量は比較的少なく、景色はほとんんどが山林や雑木林、畑が目立ちます。く(Mar.2001)
90  木更津富津線
木更津のR16から入ると、三角形の2辺を行くように短い間に2度曲がり、その後も木更津港付近で直角に曲がります。2車線ですが道幅は広く走りやすいです。
R16を突っ切ると4車線になりますが、しばらく行くと2車線に戻り、左が崖、右が店になり、すぐ東側にR16が4車線で並行します。
君津市内でR16とH字方にクロスして入れ替わり、富津まで今度はr90が4車線、R16が2車線で並走します。館山道から富津岬方面はまっすぐ走るとR16からr90に自然に誘導されるようになっています。(Feb.2001)
91  竹岡インター線
富津館山道路の竹岡ICとR127を結ぶ全線2車線の道路です。長閑な風景の中を走り、交通量もあまり多くなく信号もないので快適に走れます。(Mar.2004)
92  君津鴨川線
単独区間は君津市内のR127交点からR465交点までで、R127交点から館山道君津ICまでは君津市中心部から高速道へのアクセス路となっている関係で4車線化されています。
君津IC〜R465交点までは2車線となり、のんびりとした山里の間を走り抜けて行きます。信号はほとんどなく、比較的流れもいい道路で房総スカイラインの愛称がついています。(Mar.2004)
93  久留里鹿野山湊線
市原市久留里の中心部から始まります。起点のR410交点からごく短い区間ですが、終点方向への一方通行となっています。
すぐに対面通行となりJR久留里線のガードを潜り、1.5車線と2車線が混在する山間部の道路となります。暫く走ると回収済みの立派な2車線となりますが、途中で左折し、その先は山間部の1.5車線が続きr92交点となります。
r92と重複し、右折して今度はR465と重複します。R465と分かれると再び山間部の1.5車線となり、上り勾配が続きます。
神野寺付近からマザー牧場にかけては開けた2車線となりますが、マザー牧場の先は再び山林で、2車線ありますがカーブが多く車線幅も狭くなります。
さらに進むと1.5車線となって山林の中の下り坂が続きます。平坦になると田園地帯となって2車線に戻り、左折してR465と短い重複の後、R465ga右折して分かれます。
ここからはR465から降格した区間で1.7kmほど進むとR127交点となります。その先は1.5車線の住宅密集地となり、その中を暫く進んだ上総湊港海浜公園前が終点です。(Jun.2010)

Page6へ
千葉県道一覧にもどる
千葉県道のメインページにもどる
Last modified -