Prefecture Road Akita
Driving Report

104  男鹿昭和飯田川線
JR男鹿線船越駅近くでr159から分かれて始まります。船越駅近くの市街地を右左折して八竜橋で八郎潟調整池へ続く船越水道を渡ります。
八竜橋までは2車線ありますが、その先からは1.5車線となり住宅が多い中を進みます。すぐ南側をJR男鹿線が並行し、さらにその南側をR101が並行します。
天王町でR101と重複して昭和町に入り、JR大久保駅付近で再び単独となります。1.5車線で大久保の住宅密集地の間を暫く進み、あたりの景色に余裕が出てくると終点のR7交点となります。 (Aug.2005)
123  出戸浜停車場出戸浜線
JR男鹿線出戸浜駅とr56とを結ぶ一直線の約1q程の路線です。駅から少しの間は1.5車線で民家がありますが、その先は2車線で田んぼの中を走ります。交通量はほとんどありません。(Aug.2003)
124  高岡追分線
秋田市高岡のr41と秋田市追分のR7を結ぶ約3.1qの路線で小泉潟を巡ります。起点から小泉潟畔までは農地なども見える中を行く区間で、道幅も1.5車線以下で狭く、その先は2車線となって小泉潟を半周してR7に至ります。
2車線区間は県立博物館などがある小泉潟公園へのR7からのアクセス路で、住宅が多い中を走ります。(Aug.2003)
126  秋田操車場線
JRの秋田操車場とr56を結ぶ中央分離帯付き4車線の道路のはずですが、起点票のあるところは操車場ではなく、現在はショッピングセンターとなっています。(Aug.2002)
131  鳥海公園小滝線
山形県道r210鳥海公園吹浦線とともに鳥海ブルーラインと呼ばれ、県境で山形r210とつながっています。
県境は殺風景で暫くの間は平坦で進み、やがてビジターセンターと展望台があり、その先から山道をひたすら下ります。 勾配は山形側よりきつく、周囲は山林が続きます。
約15kmほどで下り終わり、その先は平坦な田園地帯となってr58交点に至り終点となります。(Aug.2005)
135  扇田停車場線
JR花輪線扇田駅とr52を結ぶ短い停車場線で、商店と住宅が数軒あるだけです。2車線幅の幅員はありますがセンターラインはひかれていません。(Aug.2005)
136  大滝温泉停車場線線
大館市のJR花輪線大滝温泉駅から最初の信号までは空地が目立ち、その先は旅館や商店が並びます。(Aug.2005)
143  石川向能代線
起点は八峰町のr63交点で、起点付近は住宅が多く建っていてカーブが多くセンターラインもありません。その後は田園地帯となり、道幅も2車線となります。
JR五能線向能代駅付近では住宅が多くなり、五能線の踏切を渡るとその先で右折し、r205と重複してロードサイド店が多くある中を進みR101交点が終点となります。
r205との重複区間は交通量が多いですが、そのほかの区間は交通量も少な目です。(Aug.2006)

Page5へ
秋田県道一覧にもどる
秋田県道のメインページにもどる
Last modified -