Prefecture Road Aichi
Driving Report

63  名古屋江南線
名古屋市西区の名古屋城近くの浅間町交差点が起点です。4車線路で頭上には都市高速清洲線が走っています。高速がわかれ、庄内川を渡り名鉄犬山線と並行して進みます。
北名古屋市、岩倉市、一宮市を経て江南市のr64交点が終点ですが、ほぼ全線市街地やロードサイド店密集地です。一部に2車線も残りますが、ほぼ全線が4車線区間で、交通量も全線にわたり多めです。(Jul.2014)
65  一宮蟹江線
一宮の中心市街地のr190交点からはじまり、市街地を2車線で西進しますが、すぐに右折して1.5車線の狭い道となりJRの高架を潜ります。その先は狭いながらも2車線が確保されています。
右折して今度は名鉄の高架を潜り、すぐに左折して名鉄高架に沿って進みます。名鉄妙興寺駅を前を過ぎて少しすると名鉄と分かれ、名神高速を潜り、郊外の雰囲気が暫く続きます。
稲沢市に入るとマンションなどが並ぶようになり、稲島交差点を過ぎると市街地となります。稲沢市中心部に入り、r62交点を右折します。ここから市役所前まで西に進みますが、市内の中心部を行くために交通量も増えます。
市役所前交差点で右折すると、ここからは西尾張中央道となり4車線の幹線道路となります。しばらくはロードサイド店が並びますが、その先は田畑も見えるようになります。
津島市を抜けて蟹江町に入ると、すぐに東名阪道蟹江ICがあります。ここからはロードサイド店が林立し、高架に上り佐屋川と近鉄名古屋線とR1を一気に越えます。r65の終点はR1交点ですが、道路は西尾張中央道として4車線のままr66に繋がっています。(Nov.2013)
66  蟹江飛島線
起点は蟹江のR1交点ですが、道路としてはr65から連続していて西尾張中央道として一体化しています。4車線の大幹線です。
このほかにR1の蟹江大橋東交差点から蟹江川沿いに進み、月見橋で右折して新蟹江小学校東で西尾張中央道に合流する区間もr66に指定されています。この区間は全線1.5車線の市街地ですが、ヘキサも立派に建っています。
新蟹江小学校東からは4車線の西尾張中央道1本になり、コンビニやパチンコ店、倉庫が点在する中を一直線に伸び、R23交点終点に至ります。なお終点は飛島村を通り越し弥富市域になります。(Nov.2013)
71  名古屋西港線
豊田JCT方面から伊勢湾岸道を走り、飛島ICを降りたR302交点が起点で、ここから鍋田交差点までは伊勢湾岸道の側道の役割です。4車線で高速の下を進みます。
鍋田交差点で右折し北に向きを変えます。同じく4車線で一直線に伸びています。周辺は所々に倉庫などがありますが、基本的には何もない中を進みます。R23交点で終点となりますが、この先も同様の規格のr66にそのまま繋がっています。(Nov.2013)
72  武豊小鈴谷線
武豊町のR247交点が起点で、市街地の2車線道路として始まります。JR武豊駅付近はクランク状となっており、その先の名鉄知多武豊駅付近には起点方向からの一方通行区間もあります。
いずれにせよ武豊市街地を走ります。段々と市街地にも余裕が出てきて、南知多道路付近からは田園や緑が多くなり、南知多道路を潜ると並行し、武豊IC前となります。
ここで右折し田園風景の中を進み、知多半島西側のR247に達します。R247を過ぎると市街地となり小鈴谷海岸に沿って進んでr274交点が終点です。(Jul.2014)

Page4へ
愛知県道一覧にもどる
愛知県道のメインページにもどる
Last modified -